上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またご無沙汰になりました。

今日のトピックは二つ。

 1つは本日、前期の成績表が交付されました。二度あることは三度あると申しまして、相変わらず必修科目の単位を落としたのではないかと夏休みの間ビクビクする毎日。結果は最も懸念された公法(憲法)がCで、それ以外も良くも悪くもないという成績。一応は一発留年の危機は脱して楽になったものの、評点は順調に(?)0.1ほど低下。後期は選択科目しか受けないとはいえ、司法試験の前にせめて全体の評点は下落傾向に歯止めを掛けたいと思います。

 2つめは昨日の夜に入ってきたニュースについて。
司法修習生:給費制度継続の方針 民主党部門会議、日弁連要請で「再修正」(毎日新聞)
 
 自分も含め、直接影響を受ける当事者の立場にあるわけですが、少し前まではこの問題についてははなからあきらめていました。去年あたりから給費制の維持を求める運動が盛んになっていたのは感じていましたが、それならどうしてもっと早く動いてくれなかったのか、どうせ自分達が修習をしている頃には間に合わないだろう、というのが正直な気持ちだった気がします。
 
 それが少し変わったのがエクスターンシップ期間中。ちょうど研修が終わった後に大阪弁護士会館で集会があるというので、軽い気持ちで参加してからでした。なんというか、自分達はもう関係ないともいえる弁護士の先輩方が熱心に活動してくれているのに、当事者である自分がどうでもいいと思っているのは申し訳ないと思ったのと、個人的な利害を離れても、給費制がなくなることはわが国の司法制度全体にとってもマイナスだと集会に参加して感じたからでした。
 
 集会に誘ってくれた事務所の先生はこの件について「案外国会議員の反応は悪くないんだよ」と話していましたが、このニュースを見て思わずそれを思い出しました。現在の政治情勢では民主党のなかで決まっただけではまだ安心できないのがつらいところですが、来年受験を控える自分達はもちろん、先日合格を勝ち取った先輩方(この中には高校のクラスメイトも一人含まれております)が心置きなく修習に向かえるように、与野党の合意と立法が速やかに実現するように祈りたいものです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。