上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
押尾学被告:判決要旨(1)主文「被告人を懲役2年6月に処する」(毎日新聞)

最決平成元年12月15日(判例検索システムより)

 世間では有名芸能人が裁かれる初の裁判員裁判として、そして法律を学ぶ者からは保護責任者遺棄致死罪の成否が問題になる事案として、それぞれ注目されていた(であろう)事件の第1審判決が本日言い渡されました。世間の関心が集まったせいか、上記のようにすでに判決要旨も目にすることができます。

 一応刑法を学んでいる身としては、今回の事件では「保護責任者遺棄」と致死、すなわち被害者の死亡との因果関係が認められるかどうかが最も気になる点でした。というのも、この問題については上記のように、被害者である少女に覚せい剤を注射しながら、錯乱状態に陥った被害者をそのままホテルに放置して死亡させた者について、死亡と救急医療を要請しなかった点についての因果関係を認めて保護責任者遺棄「致死」の成立を肯定した著名な最高裁判決があるからです。

 今回の事案も状況としては平成元年決定の事案とよく似ています。しかし、今日付の判決では結果として、救命可能性、被告人が救急を呼ばなかったことと死亡との因果関係が認められず、保護責任者遺棄罪が認められるにとどまりました。

 2つの事案で判断が分かれた理由はどこにあるのか。もちろん、頼りない知識と限られた情報しか持たない一学生の考えることですからあてにはならないですが、すぐに思いつくだけでもいくつかの要因は考えられます。被害者の年齢、覚せい剤とMDMAの性質の違い(違うのかどうかも自分にはよく分かりませんが…)、証人となった医師の証言内容など、立証活動の違い…etc。しかし、あらためて考えてみると、平成元年決定については、ごく簡単な事案と結論を学んだことがあるだけで、詳細な事実関係までは目を通していません。ということで、今回の件を機に、ちょっと調べてみました。

 最高裁決定は原判決の事実認定をもとにその判断を是認する形を取っているので、控訴審判決を読んでみました(札幌高判平成元年1月26日。ちなみに第1審は今回の判決と同じように、致死までは認めなかったようです)。すると、今回の事案とは時間経過がそれなりに違っていることが分かります。

 判決要旨によると、今回の事件では、薬物の服用後、5時50分頃、被害者が錯乱状態に陥り(判決では、この数分後には被告人は救急を要請すべきだったとされています)、6時30分頃には被害者は意識障害の症状を示し、心肺停止に近い状態になったのです。その間、少なくとも30分はあり、速やかな通報がなされていれば救急隊員が心肺停止に至るまでに被害者に接することが可能とされたことから、それによる救命可能性が大きな争点となりました。

 一方、平成元年の事案では、高裁判決の事実認定によれば、0時30分頃に被害者が錯乱状態になり、2時15分に被告人が被害者を放置したままホテルの部屋を立ち去った時点では、痙攣を続けており未だ生存していたのは明らかでした。

 このように事案を比べてみると、被害者が救護を必要とする状態になってから死に至るまでの時間がそれなりに異なっていることが分かります。どちらの事案でも通報さえすれば救急隊員の迅速な到着が期待できたことや、救急救命の場面では時に分単位で生死が分かれうることを考えると、1時間以上の差は救命の可能性を検討するに当たって少なくとも一つの考慮要素にはなるのではないでしょうか。

 以上の個人的な感想はともかく、今回の判決はあらためて因果関係、とりわけ医学の専門家でも意見が分かれうるような救命可能性といったものを「合理的な疑いを入れない」程度まで立証することがどれほど難しいかを示した判決だと思います。今後この事件がどのような展開をたどるのかは分かりませんが、裁判員という一般市民が参加した上でこのような判決に至ったということは、あくまで致死罪の成立を立証しようとする検察側にとってはかなりの重みをもってくるような気がします。

スポンサーサイト
―今日の記録―
刑実予習・課題 1.5時間
憲法予習 2時間
民法予習 2時間
税法予習 0.5時間

保険法 第4回
信託法 同上

 昨日で新司法試験が終わりました。我が校の先輩方をはじめ、受験生の皆様お疲れ様でした。まだ風の噂でしか出題された問題は耳に入ってきませんが、試験委員の個性が出たというか出ていないというか、やっぱり一筋縄ではいかない試験のようですね…とにかく、しばらくは法律のことなどきれいさっぱり忘れて、ゆっくり休んでいただきたいものです。

 さて、卒業後も自習に励んでいた卒業生もいなくなり、我々3年生が形式上も実質上も最上級生になりました。当然、大学全体で見ても、研究者過程に進んでいるごく一部を除けば、最上級というわけで…最近周囲を見ても「若い」「騒がしい」としか思えないのも、きっとそのせいなのでしょう(苦笑)

 卒業生が抜けて学習室も2階の自習室もどこか空席が目立つようになりました。それに合わせて、自分も自宅から自習室へ勉強場所を再び「移籍」。書庫とセットになっていて特に2年次の必修科目の予習には便利な学習室と違い、純粋な「自習室」であるせいか、この時期は気がつくと目の届く範囲に誰もいないという空席ぶり。何かとストレスのたまった学習室とも、快適すぎて集中できない自宅とも違い、やっと適度な環境を見つけられた気がします。新司法試験まであと「364日」。そろそろギアを一段階上げなければ。
―今日の記録―
民事弁護実務演習予習 0.5時間
公法予習 2時間
刑事訴訟実務の基礎予習 1時間

民事弁護実務演習 第4回
知的財産法1 同上
税法1 同上


 久しぶりの火曜の授業。相変わらず3連続は疲れます。

 民弁の授業では、今回初めて起案を提出したので、これまで以上に授業の中身について考えることができました。過去2回の提出の機会を逃したせいか、添削の最後に「…これからも積極的に起案を提出してください」という旨の、やさしさに満ち溢れながらもその分プレッシャーにもなるメッセージが添えられていました。そのこともあるし、何より自分で悩んだからこそ得られるものはやっぱりあると思うので、これからも時間と能力が許す限り、提出していきたいものです(添削されてはじめて、登記目録は土地と建物に分けて書く必要はないということに気付けたりもするのですから…)

 知財については今日のところは特に触れることはないのですが、税法については、ようやくテキストが発売になりました。

ベーシック税法 第5版ベーシック税法 第5版
(2010/05/13)
岡村 忠生渡辺 徹也

商品詳細を見る


 この授業そのものがかなりこのテキストに依存した(=テキストの解説が中心という意味)スタイルで進む上に、毎回授業終了後にこのテキストを下敷きにした小テストが実施されるということもあって、↑の発売は本当に待望していました(なんでも、政権交代による税制改革論議のため、発売が遅れたそうな。著者の一人談)。今までは先生がアップしてくれていた原稿で予習していたのですが、これからは自分のペースで進むことができて一安心というところ。
 そんなに経っているとは思わなかったのですが、前回の更新から2週間近くが経過。この間、GWも挟んでいるわけですが、あまりにも時間を無駄に使ってしまったという感想しかありません。

 3年前期が開講してから1ヶ月。新しい生活のリズムに慣れてきたのに加えて、1回目の法文書も終わり、気が抜けたような状態でGWに突入。本当ならそこでもう一度リスタートすべきだったのですが、連休中の怠惰な気分がそのまま今日まで続いています。

 ここ最近は特に心身ともに弛緩しきっています。「身」のほうは今まで生きてきて見たことのないような体重を計測し、いまさらながらランニングや筋トレを試みる始末。「心」のほうも、去年までの緊張感がまるでなく、机に向かう時間よりもベッドの上でごろごろしている時間のほうが長いのではないか、という惨状。

 思うに、日々の予復習をこなすので精一杯だった去年と違い、そういう意味では余裕のある今期は、より“自律的な”自己管理が必要になるはずなのに、それが全くできていないようです。こういう自分の時間を確保できる間に何ができるかで、その人は伸びたり停滞したりもするのでしょうが、自分はその「何かをする」ために必要な何かを見失っているのでしょう。

 人間ですから、勉強以外にもいろいろ悩んだり、迷ったりすることはあります。けど、いつまでもそのせいで「本業」まで疎かになるようでは、拠り所を失い、ますます悪循環に陥るだけ。いい加減、今夜限りで気持ちを入れ替えたいところです。
―今日の記録―
民訴予習 1.5時間
民法相続について 約1.5時間

 昨日は午前9時半から12時半の3時間、民事法文書作成の第1回起案がありました。初回は会社法(・民事訴訟法)の問題について、被告代理人の立場で「実務文書」を作成するというもの。

 去年と異なり、出題事項そのものはごくごく典型的でその点はよかったのですが、やはり答案というか法律文書を書くのに慣れていないというもっぱら個人的な理由で、時間配分が不十分だったため、被告とされた者のうち、後半で言及する者のほうが明らかに論述が薄くなっていったり、そもそも答案自体もなんとなく冗長でくどい文章になってしまったり。まさか不合格になることはないと思いますが、あれが添削をされて返却されると思うとぞっとしません。次回は民法ということで問題自体がハイレベルになることも予想されますが、なんとかそういった面も改善したいところ。やっぱり、自分の手を動かすしかないんでしょうね。

 昨日今日と、前期序盤の関門を越えた安心感からか気が抜けてしまい、今日になって唯一手をつけた今週分の予習なのに、民訴は昭和の日で休みだと後で気付いく始末。そんなこんなで夜になってしまい、あきらめて「トリック劇場版」でも観ようかとすると、知人から電話が。何かと思って出てみると、親戚の相続関係の法律相談だったのです。

 事情を聞く限り、難しい法律問題があるというわけでもなく、実際にいくらでもありそうな状況。ただ、逆にそういう現実的な状況に法律を正しく適用して、間違いのない結論として責任を持って断言できるかというと、これがやはり難しい。こういうときに相続なら相続の基本を理解しているかが問われるわけですが、自分はというとだらだら時間をかけて一応の回答をしながら、電話で伝えられたはずの重要な事実を失念していたことに後から気付き、結局最後は「弁護士に相談したほうが確実」となんとも情けないアドバイス。


 というわけで、土曜は主に事実の評価と表現力で、日曜は法律の基本的な適用で、いままで自分がローで何をやってきたのか疑いたくなるような気分になりました。今週はGWも始まるわけですが、もう一度自分が何をすべきかをきちんと確認しながら、緊張感をもって日々を過ごしていかなければなりません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。